arrow_upward

台湾チョウの王国

撮影場所:高雄 金獅湖蝴蝶園
https://khh.travel/zh-tw/attractions/detail/22


シロオビアゲハ (玉帶鳳蝶)
 
シロオビアゲハ(白帯揚羽、学名:Papilio polytes)は、チョウ目アゲハチョウ科に分類されるチョウの1種。
成虫は前翅長50mm前後、開張約7 - 8cmほど。他のアゲハチョウ類に比べると小型である。和名は後翅に白い斑点が列を成していて、翅を縦断する白い帯模様を形成することに由来する。インドから東南アジアの熱帯域に広く分布し、日本ではトカラ列島、中之島以南の南西諸島に分布する。沖縄地方では普通に見られ、八重山諸島では通年、奄美群島でも2月中旬 - 11月下旬に見られる。年に5 - 6回発生する多化性である。ハイビスカスなどの赤い花によく訪花し、荒地や林、海岸などでも飛ぶ姿が見られる。幼虫はシークヮーサー(ヒラミレモン)やサルカケミカン、ハマセンダンなどのミカン科各種を食草とし、しばしば害虫として扱われる。幼虫はミカン科各種を食草にする他のアゲハチョウ属と同じく、1 - 4令までが鳥の糞のような色で、5令になると緑色になる。危険を感じると赤色の臭角を出す。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%AA%E3%83%93%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F


アオスジアゲハ(綠斑鳳蝶)
 
アオスジアゲハ(青条揚羽、学名: Graphium sarpedon)は、アゲハチョウ科アオスジアゲハ属に分類されるチョウの一種。都市周辺でもよく見られ、公園、街路樹、照葉樹林などに生息する。クロタイマイともいう。成虫の前翅長は 30-45mm ほど。翅は黒色で、前翅と後翅に青緑色の帯が貫いている。この帯には鱗粉がなく、鮮やかなパステルカラーに透き通っている。ごくまれに、青帯をまったく欠く変異個体が発見されることがある。翅斑は雌雄ともによく似ているため、雌雄の同定は生殖器で判断するのがよい。成虫の出現期は5-10月。年3-4回発生する。飛び方は敏捷で飛翔力が高く、樹木や花のまわりをめまぐるしく飛び回っていることが多い。雄は初夏から夏にかけて水辺に吸水集団を形成する。アゲハチョウ類には珍しく、静止時には通常、翅を閉じて止まるが、翅を開いて止まることがないわけではない幼虫の食草はクスノキ科植物(クスノキ、タブノキ、シロダモ、ヤブニッケイなど[1])の葉である。蛹はクスノキの葉を似せた形状をしている。一般のアゲハチョウ類と違い、幹ではなく葉に蛹を形成する。越冬態は蛹。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F


ナガサキアゲハ(大鳳蝶)
 


 ナガサキアゲハ(長崎揚羽、学名:Papilio memnon Linnaeus, 1758)は、アゲハチョウ科アゲハチョウ属に分類されるチョウの一種。成虫の前翅長60-80mmほどで、日本産のチョウではモンキアゲハやオオゴマダラに並ぶ最大級の種類である。種類内ではメスがオスよりも大きい。アゲハチョウ属の中では翅が大きくて幅広く、後翅に尾状突起が無いことが特徴だが、メスに尾状突起が現れる「有尾型」もあり、台湾など多産する地域もある。有尾型は日本国内でも九州南部などで稀に記録される。また、アゲハチョウ属の中では珍しく性的二形が顕著である。翅のつけ根に赤の斑点があるのは雌雄共通で、雄の翅はほぼ全体が黒く、後翅の外縁にわずかに赤い斑点がある。一方、雌は後翅の中央部に白の細長い斑点が数個外向きに並び、その外縁には赤の環状紋が並ぶ。白色部は翅脈とその周辺が黒く、内側が白くなる。オスはクロアゲハに、メスはモンキアゲハに似るが、尾状突起が無いので区別できる。日本では南の個体群ほどメスの白色部が広くなる傾向があり、九州や沖縄では前翅にまで白い部分が広がる。特に西表島の個体群は、少数ではあるが翅全体に白い部分が広がることで知られる。ただし台湾以南産の個体ではむしろ白くない傾向がある。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F


コノハチョウ(枯葉蝶)
 

 
コノハチョウ(木の葉蝶・Kallima inachus)は、チョウ目(鱗翅目)・タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。翅の裏面が枯葉のように見えることからこの名があり、隠蔽擬態をする代表的な昆虫の一つに挙げられる。沖縄県指定天然記念物(1969年)、準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト)。成虫の前翅長は45-50mm。翅の裏面は枯葉に非常によく似た模様を持つ。模様は個体変異が多く、1匹ずつ模様が異なると言ってもよい。さらに前翅の先端は広葉樹の葉先のように尖り、後翅の後端は葉柄のように細く突出する。一方、翅の表側は藍色で、前翅に太い橙色の帯が入り、裏側とは対照的な鮮やかな配色である。翅の裏側が枯葉に似るため、擬態の典型例としてよく知られている昆虫である。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%8F%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6


キシタアゲハ(黃裳鳳蝶)
 
昆虫綱鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科に属するチョウ。台湾に産する大形の華麗チョウとして第二次世界大戦前から日本によく知られていたチョウで、台湾では南部と東海岸に産する。この種はさらに中国(中南部)、マレー半島、タイ、ミャンマー(ビルマ)、ヒマラヤ地方にかけて分布する。はねの開張105~125ミリメートル程度。前ばねは黒色、後ろばねは黄金色に輝く。幼虫の食草はウマノスズクサ科植物。キシタアゲハの仲間であるトロイデス属Troidesは台湾や中国ではわずか1種にすぎないが、スンダ列島を中心に東南アジアに十数種を産する。
参考資料:https://kotobank.jp/word/%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F-50364


カバタテハ(樺蛺蝶)
 
カバタテハ(樺立翅)とは、チョウ目タテハチョウ科アゲハチョウ属シロオビアゲハ種の蝶です。
前翅長は5cm、開帳すると8cmほどで揚羽としては小型です。 翅色は黒地で縁辺に白帯が目立ちます。頭も黒色です。 成虫はハイビスカスなどの赤い花に群がり、幼虫はミカン科の葉を食べます 。一般名:カバタテハ(樺立翅) 学名:Ariadne ariadne 分類名:動物界節足動物門蝶綱チョウ目タテハチョウ科カバタテハ属
別名:en:Common Mormon 生息地:沖縄八重山諸島 生活環境:林、草原 全長:2.5cm(前翅長)、5cm(開帳) 翅色:樺色地に暗褐色の腺
出現期:一年中
参考資料:https://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/mushi-kabatateha_large.html


ツマベニチョウ 端紅蝶(橙端粉蝶)
 
 
ツマベニチョウ(褄紅蝶、Hebomoia glaucippe)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に分類されるチョウの一種。シロチョウ科では世界最大級の種。開張約9-10cm。前翅先端の先端には三角形の黒い部分があり、その中に大きな橙色の紋をもつ。メスはオスよりも黒い部分が大きく、若干黒ずんでいる。シロチョウ類としては非常に飛翔力が強い。雄は明るい場所を好み、人家周辺や林縁を勇壮に飛び回るが、雌は食樹周辺の暗所にいる。よく花に来る。食草はフウチョウソウ科のギョボク。幼虫はいわゆる青虫であるが、胸部が幅広くなっている。成虫は4月から11月にかけて4-5回発生。オーストリアの研究チームは、ツマベニチョウの羽、幼虫の体液にイモガイと同じ猛毒の成分(神経毒)を発見した。カエル、トカゲ、アリなど天敵からの防衛のため利用していると考えられている[1]。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%9E%E3%83%99%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6


オオゴマダラ(大白斑蝶)

 
オオゴマダラ(大胡麻斑・学名 Idea leuconoe)は、チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されるチョウの一種。白黒のまだら模様が特徴的な大型のマダラチョウで、蛹が金色になることでも知られている。前翅長7cm前後、開長は13cmに及び、日本のチョウとしては最大級である[1]。翅は白地に黒い放射状の筋と斑点がある。ゆっくりと羽ばたきフワフワと滑空するような飛び方をする。その飛び方と羽の模様が新聞紙が風に舞っているように見えることから、『新聞蝶』と呼ばれることもある。オスの成虫の腹部先端には、ヘアペンシルというブラシのような器官がある。これはマダラチョウ類に共通する器官で、フェロモンを分泌し、メスを引きつける働きがある。メスを見つけたオスはヘアペンシルを広げてメスの周囲を飛び回る。狭い場所でも生活環が成立するため飼育しやすいチョウの一つで、各地の動物園などでもよく飼育される。沖縄県の県蝶、那覇市や宮古島市や石垣市の市のチョウにも指定されている[2][3]。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B4%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9


モンシロチョウ(紋白蝶)

 
 
モンシロチョウ(紋白蝶、学名:Pieris rapae)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に分類されるチョウの一種。畑などの身近な環境でよく見られるチョウである。比較的採取しやすいため、アゲハチョウの仲間やカイコなどと並び、チョウ目(鱗翅目)昆虫の生態や生活環を学習する教材としてもよく活用される。前翅の長さは3cmほど。翅は白いが、前翅と後翅の前縁が灰黒色で、さらに前翅の中央には灰黒色の斑点が2つある。和名はこの斑点を紋に見立てたもの。また、春に発生する成虫は夏に発生する成虫よりも白っぽい。オスとメスを比較すると、オスは前翅の黒い部分が小さく、全体的に黄色っぽい。メスは前翅の黒い部分が多く、前翅のつけ根が灰色をしている。なお、翅に紫外線を当てるとメスの翅が白く、オスの翅が黒く見えるため、オスメスの区別がよりはっきりする。紫外線は人間には見えないが、モンシロチョウには見えると考えられていて、モンシロチョウはこの色の違いでオスメスの判別をしているとみられる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6


カバマダラ(樺班蝶)
 
カバマダラ(樺斑、学名:Danaus chrysippus)は、チョウ目タテハチョウ科の昆虫。チョウの一種。成虫の翅は全体的にオレンジ色で、体は細く、黒地に白の水玉模様。雄は後翅裏中央の翅脈上に立体的に見える黒い模様がある(性標)。日本に分布するマダラチョウ亜科の蝶のなかではいちばん小さい。成虫は、花で吸蜜する姿がよく観察される。体内に毒を保有しており、その危険性を知らせるためか、非常にゆるやかに飛翔する。幼虫時に体内に蓄積した有毒成分を成虫になってもなお持ち続け、鳥などの捕食者に同種が食われるのを防いでいるとされる。ツマグロヒョウモンのメス、メスアカムラサキのメスはその特性を利用し本種に擬態しているとされる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9


ウラナミシロチョウ(淡黃蝶銀紋型)

 
照片出處: http://butterflyformosa.blogspot.com/2012/05/blog-post_21.html

 

ウラナミシロチョウ(裏波白蝶・学名Catopsilia pyranthe)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に属するチョウの一種。近縁種ウスキシロチョウに似る。翅裏に薄くさざなみ模様がある点で区別可能。翅は全体的に薄い黄色で、前翅表の外縁に薄く黒い縁取り、中央にこれまた薄い黒点を持つ。キチョウが色あせて大きくなったようなチョウ。山麓や疎林よりも、人家周辺の荒地などに多い。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6


タイワンモンシロチョウ 台灣粉蝶(異色尖粉蝶)
 
照片出處: https://www.flickr.com/photos/kenxu-tw/27316547915/

 

タイワンモンシロチョウ(台湾紋白蝶、 Pieris canidia)は、チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科に属するチョウの一種。モンシロチョウとよく似た小~中型の白い蝶。モンシロチョウよりやや小さく、前翅の黒斑は大きく、後翅前縁にも黒斑を持つ。キャベツを主に食べるモンシロと違い、食草の制約から林縁や渓流沿いに多産する。訪花性は強い。ホソオチョウは朝鮮海峡成立後に半島南端まで勢力を伸ばしたため、趣味者によるゲリラ放蝶が行われるまで日本には分布していなかったが、本種はそれと同様に対馬までは到達したものの本土に来ることができず対馬でとどまった。日本ではほとんど生育しないハナナズナのほかタネツケバナ・オオタネツケバナ・イヌガラシ・ミチバタガラシなど作物種以外を食草としているため、流通作物に付随した人為的な本土侵入もなかったものと考えられている。1990年ごろ、南方から与那国島にも侵入した。両者で形態差があり、それぞれ亜種として分けられている。3月~10月にかけて年5、6回発生。越冬態は蛹。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6


キチョウ(台灣黃蝶)
 
照片出處: http://butterflyformosa.blogspot.com/2012/04/blog-post_2028.html

 

キチョウ(黄蝶、Eurema hecabe)は、チョウ目・シロチョウ科・キチョウ属に分類されるチョウの一種。草原や畑、道端や市街地などでごく普通に観察できる。従来「キチョウ」とされていた種は、キチョウ(ミナミキチョウ、南西諸島に分布)とキタキチョウ(Eurema mandarina、本州~南西諸島に分布)の2種に分けられることになったが、外見による識別は困難[1]。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6


イシガケチョウ(石牆蝶)
 
照片出處: https://www.flickr.com/photos/big-fish/26771734236/

 

イシガケチョウ(石崖蝶、石垣蝶、Cyrestis thyodamas)はチョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。和名通りの石崖・石垣模様を持ち、ひらひらと紙切れが舞うように飛ぶ。クリやソバなどの花にも来るが、吸水のために濡れた地面に降りる姿がよく観察される。とまるときはほとんど常に翅を開く。 多化性で、成虫は越冬を終えた春から発生を繰り返し、秋遅くまで見られる。食樹はクワ科のイヌビワ・イチジク・オオイタビなど。卵は葉や芽に1つずつ産みつけられる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%82%B1%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6


ベニモンアゲハ(紅紋鳳蝶)

 
照片出處: http://cl-butterfly.vm.nthu.edu.tw/nthu/?p=3523&from=1&species=Pachliopta_aristolochiae_interposita&stage=adult&page=2

成虫は前翅長40-55mm、開長約80mmほどで、アゲハチョウとしては小型である。翅は黒いが、後翅の中央に白の大きな斑点があり、その周囲に鮮やかな赤-ピンク色の斑点が並んでおり、和名はここに由来する。後翅の斑点は、表側よりも裏側の方が大きく鮮やかである。また、翅だけでなく体側も赤い。雌雄の判別は分かりにくいが、雌のほうが全体的に色がくすんでいる。
參考資料: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8B%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F


クロアゲハ(黑鳳蝶) 


照片出處: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:92.1%E9%BB%91%E9%B3%B3%E8%9D%B68(%E6%B4%AA%E6%8C%AF%E9%BE%8D%E6%94%9D)_(30896231704).jpg

 

クロアゲハ(黒揚羽、学名Papilio protenor)は、チョウ目・アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。
成虫の前翅長は45-70mmほどである。翅の表裏とも黒色で、裏面には後翅外縁に赤斑が並び、日本産のものには尾状突起がある。オスには後翅前縁に白い帯が見られる。この白い帯は時間と共に黄味をおびる。春型は夏型よりも小形で、赤斑が発達し、色もより濃い黒色をしている。4月から8月ごろまで年に2-4回発生する。ジャコウアゲハやオナガアゲハ、カラスアゲハなどと比べて尾状突起が短い。幼虫はナミアゲハと似ているが、緑色の部分が濃く暗めである。台湾、中国からヒマラヤにかけて広く分布し、日本においては、ssp.demetriusが本州以南の都市近郊や山地に生息している。幼虫の食草は、カラタチ、ユズ、サンショウ、ミヤマシキミなどの柑橘類の葉である。
參考資料: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F


ツマムラサキマダラ(紫斑蝶)
 
照片出處: https://taiwan.sharelife.tw/article_aid-3355.html

 

ツマムラサキマダラ(褄紫斑、学名:Euploea mulciber)は、チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されるチョウの1種。前翅の先部分が光の方向によって鮮やかな紫色に輝くチョウである。オスとメスの羽の模様は大きく異なり、メスは後翅に多数の白色条がある。オスは腹部先端にフェロモンを分泌するヘアペンシルという器官を持つ。
參考資料: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%9E%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9

點閱次數:211

延伸閱讀

会長の故郷 關東教育旅行經驗分享 關西教育旅行經驗分享 九州教育旅行經驗分享 台湾ハイキング  ポイント 三益旅行社本社地元。高雄 台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう) 台湾で出会える野鳥たち 台湾宗教百景 台湾B級グルメ