arrow_upward

台湾で出会える野鳥たち

參考資料: http://www.karakotomaru.com/ta-taiwan.htm

 
路線:大雪山森林遊楽区の鞍馬山>八仙山森林遊楽区>阿里山森林遊楽区>台南
 
サンケイ Swinhoe's Pheasant(藍腹鷳) 78-1 台湾固有種 ♂72cmと2枚下♀55cm
照片出處: https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A4%20Swinhoe%27s%20Pheasant&aq=-1&ai=4e27b240-d211-4fb4-a51a-9f9c8938c0ed&ts=13228&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa#64bcc9eb86dd80354309dca8a3fd8c9b05397db9ed4dd387404c10ea22cf3706

尾羽の数は多くの種で16枚。顔には羽毛が無く、赤や青の肉垂れ状の皮膚が露出する。性的二型が大きい。オスは肉垂がより大型。メスは全身が褐色の羽毛で被われ、肉垂がより小型。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AD%E3%82%B8%E5%B1%9E
照片出處: https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A4%20Swinhoe%27s%20Pheasant&aq=-1&ai=4e27b240-d211-4fb4-a51a-9f9c8938c0ed&ts=13228&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa#f969b11e80ce8ecb914574b80d945132385ae78cd182ce5376b58dfd473afb30
ミカドキジ(帝雉)台湾固有種 

カワビタキ Plumbeous Water Redstart(鉛色水鶇) 174-1 台湾固有亜種 ♀
照片出處: https://ameblo.jp/pittas/entry-11535125928.html
 
カワビタキ(Plumbeous Water Redstart)はアフガニスタン東部から東南アジア、中国東部、台湾などに分布する体長約14cmのヒタキ科の鳥で、2亜種に分類されており、台湾では固有亜種Phoenicurus fuliginosus affinisが分布しています。また、日本でも迷鳥として山口県、栃木県、長崎県などで記録があり、英名は”鉛色をした水辺のジョウビタキ”から、和名は”水辺にいるヒタキ”から名付けられています。
参考資料:http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1716.html

ミミジロチメドリ(白耳畫眉) Taiwan Sibia 182-3
照片出處:http://www.tropicalbirding.com/asia-tours/taiwan-birding-with-a-camera/
 
タイワン固有種 体長23cm、雌雄同型 イイギリの実が熟している場所ではチャバラオオルリやゴシキドリと交互に姿を見せてくれました。中海抜の広葉樹林に生息し、冬季には低海抜の産地に移動することもあり1年中見られる鳥。
参考資料:https://ganref.jp/m/look555/portfolios/photo_detail/4412471

ゴシキドリ(五色鳥 ) Muller's Barbet 146-3 台湾固有亜種
ゴシキドリ科(ごしきどりか、学名 Capitonidae)は、鳥類キツツキ目の科である。オオハシ科ゴシキドリ亜科 Capitoninae ともされる。
古い文献では「ゴシキドリ(五色鳥、英語: Barbets)と総称される」とも書かれているが、かつてのゴシキドリ科は複数の科に分割され、現在のゴシキドリ科はその一部である。また狭義のゴシキドリは1種 Megalaima oorti だが、現在はオオゴシキドリ科 Megalaimidae となっている。
 
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%89%E3%83%AA%E7%A7%91

シマドリ(紋翼畫眉) Taiwan Barwing 182-4 台湾固有種
照片出處: http://puffinfriends.blogspot.com/2018/03/taiwan-barwing.html
 
シマドリ(Taiwan Barwing:縞鳥)です。スズメ目チメドリ科の鳥で、全長約18cmです。台湾にのみ分布している台湾固有種です。台湾中央部の1200~3000mの山岳の広葉樹林の下薮に生息します。翼に縞模様があり英名、和名のもとになっています。ぼさぼさの頭とくりくりとした大きな眼の可愛いい顔です。
参考資料:http://interesting.world.coocan.jp/hphp/b/kbpc/i/i-0765.htm
ニイタカキクイタダキ(戴菊) Goldcrest 196-3 台湾固有種
照片出處: https://twitter.com/taiwanbirding/status/1095551527027060737
 
キクイタダキ属(キクイタダキぞく、学名 Regulus)は、鳥類スズメ目キクイタダキ科 Regulidae の唯一の属である。ユーラシアと北米に生息する。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%80%E3%82%AD%E5%B1%9E

キンバネホイビイ(金翼白眉) Taiwan Laughing Thrush 184-4 台湾固有種
照片出處: http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1317.html
 
ホイビイに相当する日本の漢字は不明です。台湾では(金翼白眉)と表記されています。タイワンキンバネガビチョウ(台湾金羽画眉鳥)ともいわれます。スズメ目チメドリ科の鳥で、全長約26cmです。台湾にのみ分布している台湾固有種です。名前の通り黄色い(金色の)翼とはっきりした眉が特徴で綺麗です。この鳥は人をあまり恐れず近くにきて餌をあさったりしますが、落ち着くことは少なく、動き回ります。
参考資料:http://interesting.world.coocan.jp/hphp/b/kbpc/i/i-0764.htm
チャバラオオルリ(黃腹琉璃) Vivid Niltava 204-3 ♀ 台湾固有亜種
照片出處: http://bird.uki2video.com/?p=6041
 
チャバラオオルリ(学名:Niltava vivida)は、スズメ目ヒタキ科に分類される[1]鳥類の一種である。全長は18~19cm[2]。オスは、胸から腹は橙色である。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%AA

ルリビタキ(藍尾鴝) Red-flanked bluetail 172-3

照片出處: https://www.flickr.com/photos/wifeman/16961639464/
 
ルリビタキ(瑠璃鶲、Tarsiger cyanurus)は、スズメ目ヒタキ科に分類される[1]鳥類である。全長14cm。体側面はオレンジ色の羽毛で覆われ、英名(flanked=脇腹、側面)の由来になっている。腹面の羽毛は白い。尾羽の羽毛は青い。種小名cyanurusは「青い尾の」の意。
オスの成鳥は頭部から上面にかけての青い羽毛で覆われる。幼鳥やメスの成鳥は上面の羽毛は緑褐色。 オスの2年未満の若鳥はメスの成鳥に比べて翼が青みがかり、体側面や尾羽の色味が強い。 なお、オスの上面が完全な青い色になるまでは2年以上かかる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%BF%E3%82%AD

ホシガラス(星鴉) Nutcracker 232-1 台湾固有亜種
照片出處: https://www.pinterest.jp/pin/490962796858184535/?nic_v2=1a5wstzY5
 
体長32-37 cm。体長や嘴はカケスと比べてわずかに大きいが、頭部には冠羽がない。体色は全体的にチョコレートのような黒茶色だが、白い斑点が縞をなしているため、星空のようにみえる。和名の「ホシ」ガラスはこれに由来する。翼と上尾は青光沢のある黒である。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9

シロハラ(白腹鶇) Pale Thrush 180-1

照片出處: https://global.canon/ja/environment/bird-branch/photo-gallery/shirohara/index.html
 
体長は25cmほどで、ヒヨドリよりわずかに小さい。ツグミ類らしく嘴と脚がよく発達した体型をしている。ほぼ全身が灰褐色で、和名の通り腹部が白っぽい。見かけはアカハラやマミチャジナイなどに似るが、体に橙色の部分はない。雌雄同色だが、メスの方が顔や腹部が白っぽく、目の上に薄い眉斑がある。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%83%A9

タイワンツグミ(白頭鶇)  Island Thrush 180-2 台湾固有亜種
タイワンツグミは英名Island Thrushで種としては台湾・フィリピンからオーストラリアにかけての太平洋沿岸に広く分布していますが、
台湾の固有亜種は頭が真っ白(いわゆる白変)で他のIsland Thrushとは全く別ものに見えます。
台湾名はその姿通り「白頭鶫」で台湾でも稀にしか出会えない希少種の1つです。
 
照片出處&参考資料:https://blog.goo.ne.jp/assistyanagi2015/e/56082e784c5965562757b2b9164b9653

ルリチョウ(台灣紫嘯鶇) Taiwan Whistling Thrush 176-2 台湾固有種
照片出處: http://blog.livedoor.jp/whitebearded/archives/4115827.html
 
ツグミ科の鳥。ツグミ大で全体に濃い紫青色だが腹部は淡い。台湾の渓谷にすむほか、近縁種が東南アジア・中国南部に六種分布。《季・夏》
参考資料:https://kotobank.jp/word/%E7%91%A0%E7%92%83%E9%B3%A5-660753

キバラシジュウカラ(青背山雀) Green-backed Tit 208-2 台湾固有亜種
照片出處: http://hashigoda.blogspot.com/2012/06/blog-post_02.html
 
キバラシジュウカラ(Green-backed Tit )はパキスタン、インド、バングラデシュ、ミャンマー、ネパール、ブータン、中国、ラオス、ベトナム、台湾などに分布する体長12~13cmのシジュウカラ科シジュウカラ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、そのうち台湾の個体群は台湾の固有亜種 Parus monticolus insperatusとされています。
参考資料:http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html

ベニサンショウクイ(灰喉山椒鳥) Yellow-throated Minivet ♂ 162-3 
照片出處: https://en.wikipedia.org/wiki/Short-billed_minivet
 
ベニサンショウクイ(英名:Grey-chinned Minivet)はヒマラヤ、中国南部から台湾、マレー半島、スマトラ西部、ボルネオ北部に分布し、標高600m以上の山地の林の林縁部に生息しているようですが、寒くなるこの時期には少し標高の低いところに降りてくるようです。
参考資料:http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-436.html

ヒメオウチュウ(小卷尾) Bronzed Drongo 228-3 台湾固有亜種
照片出處: https://www.pinterest.com/pin/429249408224708973/?nic_v2=1a5wstzY5
 
ヒメオウチュウ(Bronzed Drongo:姫烏秋)です。 スズメ目オウチュウ科の鳥で、全長22-23.5cmです。 ヒマラヤ、インド、中国南部、台湾、スマトラ島、ボルネオ島などに分布しています。 標高2000m以下の広葉常緑樹林、落葉樹林、二次林や林縁に生息します。 森林性でテリトリー性が強く、毎日同じ場所に止まり、ヒタキ類と同様に空中で昆虫を捕食したり、地上近くヘ急降下して飛翔昆虫を捕えます。 群れて他の鳥を恐れずにい威したりします。 地上10-15mの枝先に小さな浅い椀形の巣を造ります。一度に 2-4卵を産みます。 姿は全身が黒色でオウチュウに似ていますが、より小さく、尾が幅広で切れこみの浅い燕尾です。 雌雄同色で、上面と喉から胸にかけて緑青色から暗青色の強い光沢があります。虹彩は赤褐色で、嘴は比較的小さくて黒灰色です。
参考資料:http://interesting.world.coocan.jp/hphp/b/kbpc/i/i-0659.htm
ヤマガラ(雜色山雀) Varied Tit 208-5 台湾固有亜種
照片出處:https://www.yasuyoart.com/blank-1?lightbox=dataItem-jtwfd85l3
 
全長13-15センチメートル。頭部は黒い羽毛で被われ、額から頬、後頸部にかけて明色斑が入る。下嘴基部(腮)から胸部にかけて黒い帯模様が入る。尾羽の色彩は黒褐色。初列風切や次列風切の色彩は黒褐色で、羽毛の外縁(羽縁)は青みがかった灰色。雨覆や三列風切の色彩は青みがかった灰色。嘴の色彩は黒い。後肢の色彩は青みがかった灰色。卵は白い殻で覆われ、淡褐色や青みがかった灰色の斑点が入る。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%A9
メジロチメドリ(繡眼畫眉) Gray-cheeked Fulvetta 186-4 台湾固有亜種
照片出處:https://www.pinterest.fr/pin/146789269089107176/?nic_v2=1a5wstzY5
 
旧大陸の中低緯度(主に熱帯)に生息する。なお、アメリカ西海岸にいるミソサザイモドキ Chamaea は、チメドリ科からダルマエナガ科に移された。全長9–41cm[5]。雛には斑点がなく、季節による羽毛の生え変わりはなく、かかとに鱗があり、くちばしの基部にヒゲがある[6]。葦原・草原・竹藪などに群れを作る。飛翔能力は高くなく渡りはしない。主に昆虫食だが、少々の種子食もする。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%89%E3%83%AA%E7%A7%91
カンムリチメドリ(冠羽畫眉) Taiwan Yuhina 188-1 台湾固有種
照片出處: https://karakoto.exblog.jp/21848211/
 
カンムリチメドリ(Taiwan Yuhina:冠知目烏)です。スズメ目チメドリ科の鳥で全長約13cmの小さな鳥です。台湾にのみ分布している台湾固有種です。標高1000-2800mの温帯林に生息します。濃い茶色の冠羽と可愛い眼が大きな特徴です。比較的人懐っこく、すぐ近くにも寄ってきます。柔らかく甘い声で、トゥー、ミー、ジゥーと鳴きます。
参考資料:http://interesting.world.coocan.jp/hphp/b/kbpc/i/i-0763.htm
アオチメドリ(白腹鳳鶥) White-bellied Yuhina 188-2
照片出處: https://www.pinterest.com/pin/438678819934387643/?nic_v2=1a5wstzY5
スズメ目チメドリ科 学名 Yuhina zantholeuca
和名 アオチメドリ 英名 White-bellied Yuhina
メジロ(綠繡眼) Japanese White-eye 210-2
全長約12 cm[5][6]で、スズメよりも小さい。翼開長は約18 cm[6]。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色[6]。目の周囲の白色部(アイリング)が、和名の由来になっている[4]。漢字表記の繍眼児は漢語に由来し、目の周囲に刺繍されたような羽毛がある児(小さいもの)の意とする説もある[4]。室町時代からメジロの名で知られている[7]。
 
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD
タイワンシジュウカラ(黃山雀) Taiwan Tit 208-3 台湾固有種 
・和名:台湾四十雀 ※雌雄同色
・台名:黃山雀
・英名:Yellow tit
・学名:Machlolophus holsti
・分類:スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属
・全長:12~13cm
・分布:台湾の固有種で山岳地帯に生息
 
参考資料:https://www.facebook.com/381270002247037/posts/886509375056428/

コノハズク(普通角鴞) Scops Owl 台湾固有二亜種 142-3
照片出處: https://www.love-birds.net/category/oriental-scops-owl/
 
アフリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシアの温帯から熱帯にかけて生息する。日本では北海道、本州北部では夏鳥。本州南部では留鳥。全長20cm。日本に飛来するフクロウ目では最小。頭部には小さい外耳のように見える羽毛(羽角)がある。虹彩は黄色。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%8F%E3%82%BA%E3%82%AF
ハチクマ(蜂鷹) Honey Buzzard 66-3
照片出處: http://birdingmongolia.mn/Bird_Details.aspx?ItemID=63
 
全長57 - 61cm。雌の方がやや大きい。他の猛禽類と比べて羽は短く、体色は通常体の上面は暗褐色で、体の下面が淡色若しくは褐色であるが、個体差が大きく、個体毎の識別が可能なほど変化に富んでいる。オスは風切先端、および尾羽に2本の黒い帯があり、瞳が黒い。メスは尾羽の黒い帯がオスよりも細く、瞳が黄色い。足は同じ大きさの猛禽類よりも大きいが、これは後述のような食性に由来するものと考えられている。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%9E
タイワンオオタカ(鳳頭蒼鷹) Crested Goshawk 68-4
照片出處:https://www.love-birds.net/20081202-2/
 
カンムリオオタカ(Crested Goshawk)はインド、スリランカ、中国南部、台湾、インドネシア、フィリピンなどで繁殖している体長30~46cmのタカ科の鳥で、生息域により11亜種に分かれており、そのうち、台湾に分布するのは台湾の固有亜種タイワンオオタカ(Accipiter trivirgatus formosae)とされています。
参考資料:http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1717.html
カンムリワシ(大冠鷲) Crested Serpent Eagle 66-1
照片出處:https://iwcc.jp/crestedserpenteagle/
 
全長55cm。全身の羽毛は褐色で、翼や腹面には白い斑点が入る。尾羽は白く、先端部の羽毛は黒い。後頭部に白い羽毛の混じる冠羽が生えることが和名や英名の由来。
幼鳥では、胸から腹にかけての羽毛、肩羽、雨覆羽が白から黄褐色で、生後第 2暦年頃から成羽への換羽が行われる[2]。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%AF%E3%82%B7

オオコノハズク(領角鴞) Collared Scops Owl 142-1
照片出處: https://www.flickr.com/photos/jay0402/40079308480
 
ヒガシオオコノハズク(Collared Scops Owl)はヒマラヤ西部からインドシナ北部、中国南東部、台湾にかけて分布する体長23~25cmのフクロウ科オオコノハズク属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのは台湾の固有亜種Otus lettia glabripesと思われます。
参考資料:http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-2324.html
     ヒガラ(煤山雀) Coal Tit 208-4 台湾固有亜種
照片出處: https://makotokobayashiphotography.com/2018/02/08/%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%A9-coal-tit-2/
 
 
全長は約11 cm[5][6][7][8]、翼開長が約17 cm[8][9]で、全長約14 cmのスズメや約13 cmのコガラよりも小さく、日本のカラ類の中では最小の種[6][10]。上面は青味がかった灰色や黒褐色、下面は淡褐色の羽毛で覆われる。頭頂は黒い羽毛で被われ、羽毛が伸長する短い冠羽がある[5][8][7]。頬から後頸にかけて白い斑紋が入るが、喉から胸部にかけて黒い斑紋に分断され胸部の明色部とは繋がらない。翼の色彩は灰黒色。と中雨覆の先端(羽先)に白い斑紋が入り、静止時には2本ずつの白い筋模様(翼帯)に見える(シジュウカラの白い翼帯は1本)[8]。嘴や後肢の色彩は黒い。雌雄同色[5][6][7]。卵は白い殻で覆われ淡紫色や赤褐色の斑点が入る。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%A9

タカサゴマシコ(酒紅朱雀) Vinaceous Rosefinch 218-5 台湾固有亜種

照片出處: https://www.pinterest.jp/pin/146789269090808597/?nic_v2=1a5wstzY5
 
分布:中国、インド、ミャンマー、ネパール、台湾で見られる。生息場所:温帯の森林および熱帯あるいは亜熱帯の乾燥した森林。
参考資料:http://www.woodpecker.me/bird/vinaceous_rosefinch/index.html
オジ(黑臉鵐) Black-faced Bunting 214-1
照片出處: https://nandemoblog2.exblog.jp/239977092/
 
全長14-16.5 cm。体重16-25 g。上面は褐色の羽毛で覆われ、黒い縦縞が入る。中央部2枚の尾羽は赤褐色。外側の左右5枚ずつは黒褐色で、最も外側の左右2枚ずつは白い。上嘴は暗褐色、下嘴の色彩は淡褐色。後肢の色彩は淡褐色。オスは眼先や喉が黒い。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%B8
ヤブドリ(黃胸藪眉) Steere's Liocichla 186-1 台湾固有種
照片出處:https://blog.goo.ne.jp/assistyanagi/e/904611f206a21b34586b521acce623b6
 
スズメ目チメドリ科の鳥で、全長約18cmです。台湾にのみ分布している台湾固有種です。900-2500mの低山から丘陵部に生息します。広葉樹林や果樹園の薮や茂みの中にいることが多く、開けたところにはでてきませんが、道路脇などで見かけることもあります。頭頂と首筋は灰色です。眼の前に黄色い三日月型の斑があり、大きな特徴です。背はオリーブ褐色、尻部は灰色、尾は角張ってオリーブ色です。
参考資料:https://karakoto.exblog.jp/22683238/
アリサンヒタキ(栗背林鴝) Collared Bush Robin 172-2 台湾固有種
照片出處:https://ebird.org/species/cobrob1?siteLanguage=ja
 
スズメ目ヒタキ科の鳥で、全長12cmです。台湾にのみ分布する台湾固有種です。2000-2800mの高さの山中に生息します。阿里山中でよく見られ、和名の由来になっています。♂は白く長い眉斑があり、頭の他の部分は黒灰色です。首から肩胛骨あたりが橙赤色で目立ちます。上面は翼と尾が煤灰色です。腹は青灰色で尻は白いです。♀は全体に鈍い色で、上面はオリーブ灰色、顎は灰色、下面は黄褐色です。眉斑は♂ほど明確ではありません。林縁や林の地面で採食します。ピ、ピ、ピと鳴きます。英名ではTaiwan Bush Robinともいいます。
参考資料:http://interesting.world.coocan.jp/hphp/b/theme/robins/i-01.htm
キクチヒタキ(白眉林鴝) White-bowed Bush Robin 172-1 台湾固有亜種 
照片出處:https://ebird.org/species/wbbrob1?siteLanguage=ja
 
紹介したアリサンヒタキと違って、台湾の固有種ではないのですが、台湾以外では中々見られない鳥です。分布も、ヒマラヤがメインで、あとは台湾の高山帯という特異さ。
台湾では、アリサンヒタキと比べると個体数は少なく、見られるとラッキーという鳥です。アリサンヒタキの雌にやや似ますが、白く長い眉、雄の青い背中が特徴。
参考資料:https://ameblo.jp/pittas/entry-12095120326.html
ゴジュウカラ Eurasian Nuthatch(茶腹鳾) 206-4
照片出處:http://yukibirding.com/blog-category-13.html
 
森林や岩場に生息する。頭部を下にして木の幹や枝、岩場を移動することができる。食性は動物食もしくは雑食で、昆虫類、節足動物、果実、種子等を食べる。ゴジュウカラ属は夏季は昆虫類、冬季は種子等を主に食べる。秋季に種子を樹皮等の隙間に蓄える種もいる。樹洞や岩の隙間、樹上に巣を作り卵を産む。メスのみが抱卵を行い、その間オスはメスに食物を運ぶ。雛の世話は雌雄共に行う。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A9%E7%A7%91
 
路線:台南市>四草>七股>官田>台中市泊
アオアシシギ(青足鷸) Greenshank 106-3
照片出處: http://www.okinawa-kaeru.net/wild/bird/aoashishigi-2.html
 
全長29-32cm。腹部や腰、尾羽は白い羽毛で覆われ、尾羽には黒い横縞が入る。頭部は大型で、相対的に眼は小型。嘴は太く、やや上方へ反り上がる。嘴の色彩は黒く、基部は黄緑がかる。後肢はやや短い。後肢の色彩は黄緑色で、和名のアオアシ(緑も含めた古い意味での青)や英名(greenshank=緑の脛)の由来になっている。
参考資料:ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%B7%E3%82%AE
マミハウチワドリ(褐脅鷦鶯) Tawny-flanked Prinia 198-2 台湾固有亜種
照片出處:https://ebird.org/species/tafpri1
 
スズメ目セッカ科 学名 Prinia subflava 和名 マミハウチワドリ 英名 Tawny-flanked Prinia
参考資料:https://ameblo.jp/fpbird-2/entry-12264599475.html
シロチドリ(東方環頸鴴) Kentish Plover 92-3上は♀下が♂
照片出處:https://ameblo.jp/7d-300f28/entry-12614690216.html
 
全長10–17.5cm。翼開張42–45cm。上面は灰褐色、下面は白い羽毛で覆われる。額は白い羽毛で覆われる。眼上部に入る眉状の斑紋(眉斑)は白い。嘴から眼部を通り後頭部へ続く斑紋(眼過線)がある。胸部側面に斑紋が入り、左右の斑紋が胸部で繋がる個体もいる。風切羽に白い斑紋があり、飛翔時には帯状に見える。嘴は黒い。後肢は黒や黒褐色。幼鳥は上面の羽毛の外縁(羽縁)が淡褐色。夏羽は眼過線や胸部側面の斑紋が黒いが、冬羽は眼過線や胸部側面の斑紋が褐色で不明瞭。オスの夏羽は頭頂が黒、後頭がオレンジ色の羽毛で覆われる。またメスやオスの冬羽は頭頂が灰褐色の羽毛で覆われる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%81%E3%83%89%E3%83%AA
ムナグロ(金斑鴴) American Golden Plover 96-1
照片出處:http://toridouraku.boy.jp/munaguro.htm
 
全長約26cm (24-28cm[2])。翼開長65-72cm、体重122-194g[2]。ムナグロと羽色などが酷似するが翼や尾が長く、その分やや大型に見える。成鳥夏羽は、顔から腹までの下部分が黒く脇や下尾筒も黒い。その上部に白い縁取りがある。背面は黄褐色と黒褐色の斑模様になっているが、ムナグロと比べると斑が大きく色が濃い。成鳥冬羽は、全体に灰色がかった褐色となる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%8A%E3%82%B0%E3%83%AD
カイツブリ(小鸊鷉) Little Grebe 20-1
照片出處:https://ameblo.jp/7d-300f28/entry-12607718506.html
 
最大種は北アメリカのクビナガカイツブリで全長56-74cm、日本ではカンムリカイツブリの全長46–61cm。全身は羽毛で密に覆われる。翼は長いうえに薄い。足は後方に位置し地表では直立することも難しいが、水中では大きな推進力を得ることができる。趾は幅広く(弁足)これによりより多くの水を掻くことができる。また脚および趾は柔軟性が強く、様々な方向に水を掻くことができる。卵は白や淡黄色の殻で覆われる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%96%E3%83%AA%E7%A7%91
モズ(紅頭伯勞) Bull-headed Shrike 166-2
照片出處: https://www.flickr.com/photos/shimakoel/40150195412
 
モズは小さくて可愛い姿と裏腹に小鳥さえも襲うことのある獰猛な鳥。捕らえた獲物を木の棘などに突き刺す「モズのはやにえ」を作ることで有名だ。IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストでは「軽度懸念」にランクされている。日本では一年中みられる留鳥でそれほど珍しい鳥でもないはずだが、なかなかみつからない。いつかいい写真を撮りなおしたいと思っている鳥のひとつ。
参考資料:https://www.takuyamorihisa.com/gallery/animalia/chordata/aves/passeriformes/laniidae/lanius/bucephalus/l_bucephalus.html
バン(紅冠水雞) Moorhen 84-2
照片出處:https://www.flickr.com/photos/136425653@N05/34059761280
 
体長は35 cmほどで、ハトくらいの大きさ。翼開長は52 cmほど[3]。成鳥のからだは黒い羽毛におおわれるが、背中の羽毛はいくらか緑色をおびる。額にはくちばしが延長したような「額板」があり、繁殖期には額板とくちばしの根もとが赤くなる。足と足指は黄色くて長く、幼鳥はからだの羽毛がうすい褐色で、額板も小さい。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3_(%E9%B3%A5%E9%A1%9E)
オオバン(白冠雞) Coot 84-1
照片出處: https://twitter.com/496Rx/status/1225067457783533568
 
全長32-39cm。[6][8]翼開張70-80 cm。[5]和名はバンよりも大型であることに由来する。頭部や頸部は黒い羽毛で被われ、頭頂や後頸には光沢がある。[6]胴体は灰黒色の羽毛で被われ、上面は青みがかる。[6]尾羽基部下面(下尾筒)は黒い羽毛で被われる。尾羽の色彩は黒褐色。次列風切先端は白い。虹彩は赤や赤褐色。[6][9]嘴の色彩は白い。上嘴から額にかけて白い肉質(額板)で覆われる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%B3
ツバメ(家燕) Barn Swallow 152-1
照片出處: https://www.flickr.com/photos/glpjp/28723848437/
 
全長は約17センチメートル、翼開長は約32センチメートル[3]。背は光沢のある藍黒色で、喉と額が赤い。腹は白く、胸に黒い横帯がある。尾は長く切れ込みの深い二股形で、この尾の形をツバメにちなんで燕尾形という。翼が大きく、飛行に適した細長い体型である。脚は短く歩行には不向きで、巣材の泥を求めるとき以外は地面に降りることはめったにない。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1
リュウキュウツバメ(洋燕) Pacific Swallow 152-2
照片出處: https://blog.goo.ne.jp/yossy-thai/e/80e40741bd41db678ed6c79b478db0ba
 
全長13-14cm。尾羽は短い。上面は光沢のある黒、下面は淡褐色や灰褐色の羽毛で覆われる。額、喉から上胸はオレンジ色の羽毛で覆われる。尾羽基部の下面(下尾筒)には黒褐色の鱗状斑が入る。尾羽下面には白い斑紋が入る。下雨覆は暗灰色。嘴の色彩は黒い。幼鳥は全身の色彩が褐色みを帯び、額や喉の色味が淡い。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1
タイワンショウドウツバメ(褐喉沙燕) Brown-throated Sand Martin 152-4
照片出處: https://ebird.org/species/gytmar1?siteLanguage=ja
 
全長12cmでショウドウツバメよりやや小さい。背面は暗褐色、腹面は白い体羽で覆われる。胸部に褐色の横帯がないことでショウドウツバメと区別できる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1
タイワンヒバリ(小雲雀) Oriental Skylark 160-3 台湾亜種
照片出處: https://www.youtube.com/watch?v=CEpmFL5bMA4
 
上面が褐色の羽毛で覆われる種が多い。
後肢や趾は長く、趾には長く鋭い爪が生える。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%90%E3%83%AA%E7%A7%91
マミハウチワドリ(褐脅鷦鶯) Tawny-flanked Prinia 198-2 台照片出處:湾固有亜種
照片出處: https://southcoastsun.co.za/134543/tawny-flanked-prinia/
目       スズメ目
科       セッカ科
          学名      Prinia inornata
  漢字名         眉羽団扇鳥
                      英名      Tawny-flanked Prinia
大きさ                L14cm
                                                                分布     1986年6月に沖縄県渡嘉敷島で観察されている。
                                   特徴     雌雄同色。小さい体に長い尾。
                           声      地鳴きは チュッ  チッ
参考資料:https://tikumatori.exblog.jp/21636886/
タカサゴモズ(棕背伯勞) Black-headed Shrike 166-1 台湾固有亜種
照片出處:https://www.picuki.com/tag/Laniusschach
 
全長24-25センチメートル[1]。尾羽は長い[1][2]。額や嘴の基部から眼を通り後頭部へ続く太い筋状の斑紋(過眼線)は黒い[1][2]。頭頂から背にかけての羽衣は灰色、喉から頬、胸部にかけての羽衣は白い[1][2]。背や腰の羽衣、尾羽基部を被う羽毛(上尾筒、下尾筒)の色彩は橙褐色で、腹部や体側面の羽衣は橙褐色がかる[1][2]。尾羽の色彩は黒く、外側尾羽の外縁(羽縁)は橙褐色[1][2]。翼の色彩は黒い[2]。初列風切基部に白い斑紋が入り[1]、三列風切の羽縁は淡橙褐色[2]。嘴や後肢の色彩は黒い[2]。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%82%B4%E3%83%A2%E3%82%BA
 

クロハラアジサシ(黑腹燕鷗) Whiskered Tern 122-2
照片出處: https://www.pinterest.jp/pin/515943701044127474/?nic_v2=1a5wstzY5
 
体長23-29cm。翼開長は64-70cm。夏羽は頭上が黒く、頬は白い。胸、腹、背中は灰黒色、翼は灰色。嘴は暗い赤色である。冬羽では頭から腹は白く、後頭部と目の後方に黒斑がある。嘴と足は黒くなる。雌雄同色である。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%B7

クロツラヘラサギ(黑面琵鷺) Black-faced Spoonbill 42-4
 
全長70 - 80センチメートル[2]。翼長36センチメートル[5]。翼開長110センチメートル[6]。体重1,580 - 2,200グラム[5]。全身は白い[2][6]。眼先や嘴、後肢は黒い[2][3]。繁殖期になると冠羽が伸長し、冠羽や胸部・眼先の皮膚が黄色みをおびる[2]。幼鳥は外側初列風切や次列風切の外縁(羽縁)が黒い[3]
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%84%E3%83%A9%E3%83%98%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AE
 

タシギ(田鷸) Common Snipe 116-1
照片出處: https://karakoto.exblog.jp/28064318/
 
タシギ(田鴫、学名:Gallinago gallinago)は、チドリ目シギ科タシギ属に分類される鳥。タシギ属の模式種
参考資料:https://www.weblio.jp/content/Common+Snipe

ヒクイナ Common Snipe 86-3
照片出處:https://marinescape.jp/wpb/archives/1464/

セイタカシギ(高蹺鴴) Black-winged Stilt 90-3
照片出處: https://www.flickr.com/photos/kaede691122/16655185784
 
体長(嘴の先から尾羽までの長さ)は約37 cm[7]、翼開長は約70 cm[6]。脚の長さは付け根から指先まで約25 cm。脚は赤または桃色で、翼は灰色、首筋から腹部にかけては白色、爪楊枝のように真っ直ぐに細長い嘴は黒色[注釈 2][10]、虹彩は赤色で[6][7]、地味な鳥が多いシギ類の中でも目立つ体色で外観は特異[11]。夏羽では頭頂部から後頭部にかけてが黒くなり、冬羽では白または灰色になる。雄は背面が光沢を帯びた黒色、雌は背面が褐色がかり、頭部は少々灰色がかる[6]。幼鳥は上面が褐色で、頭部に褐色斑があり[6]、羽縁が白い[5]。若鳥は成鳥の雌に似ているが風切羽に褐色味があり脚の色がより淡い[5]。頭部の羽色の黒模様は個体差が大きい[6]。冬には羽色が夏よりも薄くなり、脚は夏の赤色から桃色になる[7][12]。翼は羽黒く[12]、初列風切羽が10枚、次列風切羽が15-18枚、3列風切羽が6枚、尾羽は12枚[13]。細長い脚を真っ直ぐに伸ばして飛行する[5]。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%82%AE
シロガシラ Chinese Bulbul 164-1 台湾固有亜種.
照片出處: https://seichoudoku.at.webry.info/200902/article_5.html?pc=on
 
ヒヨドリの近縁種であるが、ヒヨドリの甲高い耳障りなさえずりとは異なり、ツグミ類にも似た美しく、また複雑なさえずりをする。この種は何通りものさえずりのパターンを持っている。人にそれほど警戒心を示さず、高い樹上や電線の上などの見通しの良い場所に好んで止まる。
参考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%83%A9

ヤマムスメ(山娘、学名:Urocissa caerulea)は、スズメ目カラス科の鳥。台湾固有種であり

同じカラス科のカササギと同程度の大きさだが、長大な尾を持つ。体色は頭部は黒、胴体と翼は濃い青(光の加減では濃い灰色に見える)。尾の先端に白い部分があり目立つ。くちばしと足は真紅。

參考資料:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%A1

點閱次數:166

延伸閱讀

会長の故郷 關東教育旅行經驗分享 關西教育旅行經驗分享 九州教育旅行經驗分享 台湾ハイキング  ポイント 三益旅行社本社地元。高雄 台湾の南の島・澎湖島(ぼうことう) 台湾チョウの王国 台湾宗教百景 台湾B級グルメ